So-net無料ブログ作成
検索選択

▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

- | 2015年04月 |2015年05月 ブログトップ
前の3件 | -

過払い金の計算

法律相談事務所のホームページなどに簡易計算できるページがあります。

精度はばらばらな感じなので、いろんなところで試してみると大体の額がわかるかと思います。


自分で計算するなら、過去グレーゾーンだった金利部分(最大29.2%)から、

利息制限法の上限

10万未満は20%
10~100万未満は18%
100万以上は15%

で、自分の借りていた額で該当する利率を引いた%に

借りた額をかければ出てきます。

これに期間をかけたらトータルの返還額になりますね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

過払い請求 費用

全部自分で、なら、該当業者から取り寄せる時の利用履歴にお金がかかるくらいだと思います。

裁判となるとまた別でしょうけど(汗)


専門家に頼むなら、

法律事務所ごとにかかる費用も変わってきます。

着手金、報酬、変換された額に応じた報酬などがかかってきます。

実績のある事務所なら多少高額になっても仕方ないですね。

ただ、結果出してるからといっても変換される額が増えることはないそうです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

過払い金返還請求デメリット

zibunsoudan.JPG

かなりグレーな小さな金貸し業者から借りてた場合は、

対応に恐怖感がありますね(汗)

そんな場合は法律相談事務所などに素直に依頼するのがいいです。

ただ、返還額より報酬のほうが多いようだと無意味なので、

その辺は要相談で。


ただ、借りていた業者が有名ドコロでないなら、

可能性は低いかもしれません。

まともに対応してくれない可能性もありますし、

もう会社がなくなってることもありえます。

もしそんな業者に請求をするなら、

自分でやるのはやめたほうがいいと思いますよ。


そうでなく、一般的に名の通ってる業者なら

自分で請求しても大丈夫だと思います。

アコム、プロミスなどCMなどでも見かけるレベルのとこですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -
- |2015年04月 |2015年05月 ブログトップ
過払い」のTOPへ
copyright(C) 過払い all rights reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。